UXブログ

BLOG

徹底したリサーチから生まれるブレない戦略。 徹底したリサーチから生まれるブレない戦略。

名古屋でUXを探究する DESIGN αは、
UI/UXリサーチのプロフェッショナル。
データに基づく戦略とWebサイト制作で、
事業を着実に成功へ導きます。

ALPHA - OMEGA

Design from the beginning to the
end of the project.

  • UI/UX research
  • Website production
  • Strategy

Design from the beginning to the
end of the project.

  • UI/UX research
  • Website production
  • Strategy

ALPHA - OMEGA

Scroll

マーケティング行動心理学

【UX初心者必見】カクテルパーティー効果とは?具体例から行動心理学を学ぶ

カクテルパーティー効果とは、騒音の中でも自分に関係のあることや興味があることを自然に聞き取ることができる現象です。

マーケティングやUX戦略のシーンでも、カクテルパーティー効果を活用すると、ターゲットにメッセージを届けやすくなります。

この記事では、カクテルパーティー効果を日常生活やビジネスシーンで活用する方法について解説します。

最後に、UXに携わっている方に向けてWebサイトにおけるカクテルパーティ効果の具体例を交えご紹介します。

1. カクテルパーティー効果とは?

カクテルパーティー効果とは、人混みや雑踏の中でも、自分に自分に関係のあることや興味があるキーワードは自然に聞きとることができる現象を指します。

人が多いパーティ会場(カクテルパーティー)でも、自分の名前を呼ぶ声や、友人との会話を聞き分けられることから、カクテルパーティー効果と呼ばれるようになったと言われています。

カクテルパーティー効果の提唱者はエドワード・コリン・チェリー

カクテルパーティー効果は、1953年にイギリスの認知心理学者のエドワード・コリン・チェリーが提唱しました。(注1)

聴覚の研究をしていたエドワード・コリン・チェリーは、カクテルパーティー効果について以下の実験を行いました。

まず、被験者に左右の耳でそれぞれ異なる音声を同時に聴いてもらいました。

1つ目の実験では、被験者に一方の耳に聞こえる音声に注意を向けるように伝えます。そうすると被験者は、注意を向けなかった方の耳の音声が聴き取れませんでした。

2つ目の実験では、1つ目の実験で注意を向けていない耳の方から被験者の名前を流します。すると、被験者の意識する方の耳が変わり、自分の名前を聞き取れていました。

2つの実験から、自分に関係のある音声情報を無意識的に選択して聞き取り、注意の向かない音声情報は聞き流していることがわかりました。

アメリカの実験

さらに、カクテルパーティー効果を応用したこんな実験もあります。

アメリカの心理学者のクリス・クラインケは、男性と女性のペアの被験者に対し心理実験を行いました。
15分間男女に自由に会話をしてもらうグループと、15分間の会話で相手の名前を何度か意識的に呼んでもらう2つのグループで比較しました。
すると、複数回名前を呼んでもらったグループの方が、相手に対して親しみを持ったという結果が出ました。


自分の名前が相手の口から出てくると、カクテルパーティー効果が働き、より相手に意識を向けることになります。
その結果として、親しみも強まったと考えられるでしょう。

2. カクテルパーティー効果が見られる場面とは?

人が多い場所では自分に必要な情報だけを選択的に聞き取るシーンは意外と多いものです。

外出先でふいに名前を呼ばれたときなど、カクテルパーティー効果のことを思い出してみてください。
では、実際にカクテルパーティー効果が働く場面について考えてみましょう。
日常生活編とビジネス編に分けてご紹介します。

【日常生活編】

カクテルパーティー効果は、騒音の中でも自分に関係のあることや興味があることを自然に聞き取ることができる現象です。日常生活でも、カクテルパーティー効果を実感しやすい場面が色々あります。

例えば、大きなホール会場の人混みで財布を落とした人が「財布を落とした方いますか?」と呼びかけられたら、鞄の中を探したり、床を探していた人は体を起こし声の方を見るでしょう。

また、ざわついた店の中で、限定品に弱い人が「今日だけ限定販売中」と呼びかけられたら興味がわき、足を止めるでしょう。

このように、ターゲットとなる人にキャッチーなキーワードを投げかけることで、ビジネスにもカクテルパーティー効果を活用しているケースがあります。

【ビジネス編】

カクテルパーティー効果をビジネスにも取り入れている例を、他にも見ていきましょう。

例えば、営業先で相手の名前を意識的に会話のなかに入れるテクニックです。

親しみやすさや好感を抱いてもらい、交渉をスムーズに行うきっかけにつながります。

名前を呼ぶだけでなく、相手が求めている言葉やキーワードを盛り込むのも効果的です。カクテルパーティー効果が働き、聞き漏らされることなく話を聞いてもらいやすくなります。

また、1対1の会話ではない場合もカクテルパーティー効果を活用できます。
ユーザーに商品のことをアピールするときに「社会人3年目の方」や「マンション購入を検討されている方」というふうに対象を限定することで、ターゲットユーザーが自分事として考え、興味をもってもらうきっかけにつながります。

商談などで自分をより印象付けたいときは、相手の名前や会社名を意識的に呼ぶようにしてみましょう。

ぜひ、カクテルパーティー効果を活用してみてください。

3. カクテルパーティー効果が働きにくいタイプの人

カクテルパーティー効果が働きにくいタイプの人もいます。

その一例が、五感が敏感すぎる人や感覚が極端に弱い人です。

聴覚が敏感すぎる人は、時計の秒針の音やドアの開け閉めの音など、あらゆる音を聞き取ってしまいます。私たちが普段聞き流している音を拾ってしまい、意識的に何かを聞くことができないのです。

反対に、感覚の鈍い人は、耳に問題がなくても脳のシャットアウトする機能が強すぎて、自分に関係のある内容でも認識しづらい傾向があると言われます。

4. 【UX初心者必見】Webサイトにおけるカクテルパーティー効果の具体例

カクテルパーティー効果はUX戦略にも活用することができます。

今回は、Webサイトにおけるカクテルパーティー効果の活用事例をご紹介します。

Webサイトは店頭とは違い、接客による呼びかけ(誘導)がありません。

ユーザーは、各々の気になる商品やサービスの情報に自分から能動的にアクセスします。

このとき、ユーザーの視野は思いのほか狭くなっており、いくら企業側が届けたいと思って情報を散りばめても、ほとんど見てもらえません。


この傾向を理解したうえでUX設計戦略をするのが効果的です。

ユーザーがどんな状況で何を求めているのかをあらかじめ把握し、満足できるように設計しましょう。

【UX初心者必見】Webサイトにおけるカクテルパーティー効果の活用事例①

Webサイトで使われるカクテルパーティー効果の活用事例1つ目は、ターゲットに対して呼びかけをすることです。

Webサイトでは、見てほしい部分にターゲットをしっかり書くことで注目を集められます。

例えば保険商品なら、保険料の額や還付金など仕組み面でのメリットよりも、「30歳からがん保険を考えたい人へ」のように、ピンポイントで自分のことだと感じさせるメッセージの方が、ユーザーに直接響きます。

また「保険の見直しって面倒じゃありませんか?」といった具合に、ニーズを呼びかけることも有効です。

【UX初心者必見】Webサイトにおけるカクテルパーティー効果の活用事例②

Webサイトで使われるカクテルパーティー効果の活用事例2つ目は、居住地域など属性情報を盛り込むことです。

例えば、Webサイトをたまたま見た人が「○○にお住まいの皆さん!」と自分の地域名が出てくるのを見ると、一気に自分事に引き込まれるでしょう。

ピンポイントに絞り込まれると、より一層自分事として捉えられます。

例えば、「東京23区」と書かれているよりも、「世田谷区」「港区」「足立区」と限定して書かれていた方が、その地域の人には響きやすくなります。

住んでいる土地だけなく、「山手線沿線の方」「田園都市線を利用の方」など、利用している沿線や「バスを30分以上利用している方」「駅から徒歩30分の方」のように、生活習慣にフォーカスした呼びかけも有効です。

5. 【UX初心者必見】カクテルパーティ効果と具体例まとめ

この記事では「カクテルパーティー効果」についてご紹介しました。


カクテルパーティー効果に関連する現象として、興味関心があるものが自然と視界に入ったり、内緒話が自分のことを言っているのではないかと勘ぐったりと、視覚的、心理的な影響が発生することもあります。

気を引きたいターゲットがいる場合は、相手の名前や気になる言葉を意識的に織り交ぜながら会話してみましょう。また、ぜひWebサイトでもカクテルパーティー効果を活用してUX改善を図ってみてください。ご興味のある方はぜひDESIGN αの無料サイト診断をご利用ください。

◆【UX初心者必見】御社の商品・サービスのUXを2日で無料診断いたします!

「DESIGN α(デザインアルファ)」では、Webサイト改善につなげるためのサイト診断を無料で行なっています。

Webサイトの専門家(UXリサーチャー)による分析でWebサイトを「使いやすい」「情報がわかりやすい」状態に変えていくことができます。

サイト診断は、最短2日でサイト診断レポートをお送りします。

DESIGN αのサイト診断の効果

「DESIGN α」のサイト診断を行うことで、「見やすさのレベル」「情報の整合性」「ユーザーに与える印象」などを知ることができ、Webサイトの改善に役立てることができます。

「Webサイトを訪問したユーザーが、迷わずに情報を得られるかどうか」この機会に一度調べてみませんか。

無料「サイト診断」

サイト診断についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

DESIGN αのサービス内容

「DESIGN α」はUX(ユーザー体験)の考え方を元に、ユーザーニーズを満たし、それをビジネス課題の解決につなげるための戦略設計をお手伝いするサービスです。
ユーザーとクライアント様の事業のことを徹底的に知り、分析した上で、戦略の立案はもちろんのこと、実行・効果検証・改善までをトータルでサポートします。

・お客様の抱える悩みを引き出します。
・UX分析専門のリサーチャー(調査員)がリサーチします。
・課題を点ではなく、点を取り囲む包括的な視点で業務提案をします。

DESIGN αのUX戦略に基づいたWebサイトリニューアル事例は、下記プロジェクトページからご確認いただけます。

Webサイトリニューアル事例

サイト診断やUX戦略メソッドを活かしてWebサイトリニューアルを実施した事例を、成果も含めてケーススタディとしてご紹介しています。

参考 注1) Edward Colin Cherry「Some Experiments on the Recognition of Speech, with One and with Two Ears」 https://www.ee.columbia.edu/~dpwe/papers/Cherry53-cpe.pdf(2021年12月21日)

監修者 / 石山 浩達 ISHIYAMA Hiromichi

DESIGN α プロデューサー / UX戦略事業責任者。UI/UXリサーチとプロダクトマネージメントを専門に、UX戦略やWeb戦略を手掛ける。画家として現代アートの領域でも活動し、「ALIEN VISION」をコンセプトに絵画、立体、インスタレーション、漫画を制作する。

これからUXに取り組む企業様へ 無料「サイト診断」実施中

診断
内容
「使いやすさ」「わかりやすさ」
「ユーザーへの提供価値」を
無料で診断いたします。

  • ① Webインターフェイスのプロが診断
  • ② 最短「2営業日」で結果をお知らせ
  • ③ Webに関するお悩みへのアドバイスも

現状課題に感じているポイントがあれば申し込みフォームのコメント欄にお書き添えください。

お問い合わせ

CONTACT

は必須項目です。

※必須項目です。

※必須項目です。

※必須項目です。

※必須項目です。

当社の「プライバシーポリシー」 を必ずご確認の上、お申込みください。

 送信する 
お問い合わせ